家庭のアルコール依存防止と健康生活サポート

家庭とアルコール依存 アルコールの未成年者消費者へのアルコールの推進を反対する活動を行う団体です。 アルコールや他の薬物乱用問題の間のアソシエーション、高等教育団体、大学の管理者は、大学のキャンパスでアルコール飲料の販売をグルーミングするのに役立つガイドラインがあります。キャンパス内のアルコールのマーケティングを提供するガイドラインは、学生の行動のコードに準拠している必要があります。キャンパスのアルコール飲料のマーケティングのためのガイドラインをご利用いただけます。アルコール消費への学習プロセスがあります。アルコールの過剰消費や無責任な消費の場合には、危険性は個人的にも大規模で社会のために悲劇的な結果になります。家庭、仕事、将来の生活、を失う可能性があります。我々は、アルコール消費量について教育を受けた人々は、多くの立派な組織やプログラムを称賛し、我々は、飲酒についての責任ある行動や態度を刺激し。社会生活復帰の段階的なサポートをしています。我々はあなたがこれらのサイトの一部をチェックするよう強くお勧めします。アルコールや他の薬物乱用問題に関する, 高等教育コミュニティ内での薬物乱用防止の取り組みに関連する共同組織の連合体です。また、家事代行で依存治療を推進しています。

新着情報

12.05.15 病気療養や治療、多忙な生活の改善の為の育児、炊事、掃除などの家事代行サービスの活用について
12.04.21 ワークライフバランス、アルコール依存と健康への影響について
12.03.29 新着情報

消費するアルコール飲料の健康への影響に関する厚生労働省の警告

妊娠中のリスク ◎ 厚生労働省によると、女性は先天性欠損のリスクがあるため妊娠中にアルコール飲料を飲むことをすすめていません。
妊娠中や育児中の休業や家事や育児の地域のサポート体制やサービスを上手に利用することを勧めています。
詳細はこちら
健康上のリスク ◎ アルコール依存症は日常生活に影響します。そのため家庭でトラブルが起きたり、自動車の運転や機械を操作する能力を損なうなど仕事を辞めなくてはならないこともあります。アルコール依存症は健康も害します。肝硬変などの肝臓の病気、高血圧、うつ病、神経障害などがアルコールが原因で発病することがあります。 またアルコールを摂取しないと自分をコントロールできず、手が震えるなどの症状が出ます。 アルコール依存症は自分で気付かずに発見が遅れてしまうケースがほとんどです。早期にアルコール依存症を発見し治療を開始するには、家族など身近な人が病院に相談することが必要です。アルコール依存症が疑われる症状には次のようなものがあります。 医者からアルコールをやめるように言われているのにやめられない、アルコールを飲んだ次の日に会社を遅刻したり休む、昼間からアルコールを飲んで何もしない、アルコールを飲むと人が変わってしまい乱暴になる、イライラ、不眠、手足の震え、幻覚を見 るなどの症状がある、被害妄想が強く人を疑う、物忘れがひどい、時間の感覚がない、嘘をつくなどです。このような症状が あったらアルコール依存症の可能性がありますので早急に病院を受診することをおすすめします。 詳細はこちら